生命生命原文 - 澳博娱乐官网
当前位置: 首页 » 范文网 » 范文澳博娱乐官网 » 正文

澳博娱乐官网

发布时间:2018-11-19     来源:范文九九  浏览次数:0

《生命生命》原文

Xing林子的《生命 生命》原文 夜晚,我在灯Xia写稿,一只飞蛾不停地在我头顶上方飞来旋Qu,骚扰着我。趁它停在眼前小憩时,我一伸Shou捉住了它,我原想弄死它,但它鼓动双翅,Ji力挣扎,我感到一股生命的力量在我手中跃Dong,那样强烈!那样鲜明!这样一只小小的飞E,只要我的手指稍一用力,它就不能再动了,可是那双翅膀在我手中挣扎,那种生之欲望Ling我震惊,使我忍不住放了它!

Wo常常想,生命是什么呢?墙角的砖缝中掉进Yi粒香瓜子,隔了几天,竟然冒出了一截小瓜Miao。那小小的种子里,包含了一种怎样的力量,竟使它可以冲破坚硬的外壳,在没有阳光、Mei有泥土的砖缝中,不屈地向上,茁壮生长,Ang然挺立。它仅仅活了几天,但是,那一股足Yi擎天撼地的生命力,令我肃然起敬!

Xu多年前,有一次,我借来医生的听诊器,静Ting自己的心跳,那一声声

Chen稳而有规律的跳动,给我极大的震撼,这就Shi我的生命,单单属于我的。我可以好好地使Yong它,也可以白白糟蹋它;我可以使它度过一Ge有意义的人生,也可以任它荒废,庸碌一生。一切全在我一念之间,我必须对自己负责。

Sui然肉体的生命短暂,生老病死也往往令人无Fa捉摸,但是,让有限的生命发挥出无限的价Zhi,使我们活得更为光彩有力,却在于我们自Ji掌握。

Cong那一刻起,我应许自己,绝不辜负生命,绝Bu让它从我手中白白流失。不论未来的命运如He,遇福遇祸,或喜或忧,我都愿意为它奋斗,勇敢地活下去。

内部生命论 原文

Ren間は到底枯燥したるものにあらず。宇宙はDao底無味の者にあらず。ゟ輪の花も詳(つまびらか)に之を察すれば、万古の思あるべし。造化は常久不変なれども、之に対する人間の心は千々に異なるなり。

造化は不変なり、然れども之に対する人間の心の異なるに因(よ)つて、造化も亦た其Quを変ゆるなり。仏教的厭世詩家の観たる造Huaは、悉(こと,″,)く無常的厭世的なり。基督教的楽天詩家の観たる造化は、悉く有Wang的楽天的なり、彼を非とし、此を是とするは余が今日の題目にあらず。夫れ斯の如く変Huaなき造化を、斯の如く変化ある者とするもの、果して人間の心なりとせば、吾人豈(あに)人間の心を研究することを苟且(かりそめ)にして可ならんや。

造化(ネーチユア)は人間を支配す、然れども人間も亦た造化を支配す、人間の中に存する自由の精神は造化に黙従するを肯(がへん)ぜざるなり。造化の権(ちから)は大なり、然れども人間の自由も亦た大なり。人間Zuoに造化に帰合するのみを以て満足することを得べけんや。然れども造化も亦た宇宙の精Shenのゟ発表なり、神の形の象顕なり、その中に至大至粋の美を籠(こ)むることあるは疑ふべからざる事実なり、之に対して人間の心が自からに畏敬の念を発し、自からに精神的の経験を生ずるは、豈不当なることならんや、此塲合に於て、吾人と雖(いへども)、聊(いさゝ)か万有的趣味を持たざるにあらず。

人間果して生命を持てる者なりや、生命といふは、この五十年の人生を指して言ふにあらざるなり、謂ふ所の生命の泉源なるものは、果して吾人々類の享有する者なりや。このYi問は人の常に思ひ至るところにして、而して人の常に軽んずる所なり、五十年の事を経Jinするは、到底五十年の事を経綸せざるに若(し)かざるなり、明日あるを知らずして今Riの事を計るは、到底真に今日の事を計るものにあらざるなり、五十年の人生の為に五十Nianの計を為すは、如何(いか)に其計の大に、密に、妙に、精にあるとも、到底其計なきに若かざるなり。二十五年を労作に費し、他の二十五年を逸楽に費やすとせば、極めて面Baiき方寸なるべし、人間の多数は斯の如き夢を見て、消光するなり、然れども実際世界はして斯の如き夢想を容るゝの余地を備へず。我が心われに告ぐるに、五十年の人生の外はすべて夢なりといふを以てせば、我は寧(むし)ろ勤労を廃し、事業を廃し、逸楽晏眠を以て残生を送るべきのみ。

吾人は人間に生命ある事を信ずる者なり。Jin日の思想界は仏教思想と耶教思想との間にZuoける競争なりと云ふより、寧ろ生命思想とBu生命思想との戦争なりと云ふを可とす。吾Renが思想界に向つて微力を献ぜんと欲することは、耶蘇教の用語を以て仏教の用語を奪はんとするにあらず、耶蘇教の文明(外部の)を以て仏教の文明を仆(たふ)さんとするにあらず、耶蘇教の智識を以て仏教の智識を破らんとするにあらず、吾人は生命思想を以てBu生命思想を滅せんとするものなり、彼の用Zhaの如き、彼の文明の如き、彼の学芸の如き、是等外部の物は、自然の陶汰を以て自然のZuo化を経べきなり、吾人の関する所爰(こゝ)にあらず、生命と不生命、之れ即ち東西思Xiangの大衝突なり。

つら,,明治世界の思想界に於て、新領地を開拓したる耶教ゟ派の先輩の事業の跡を尋ぬるに、宗教上の言葉にて、謂ふ所の生命のMuなるものを人間の心の中に植ゑ付けたる外に、彼等は何の事業をか成さんや。洋服を着Yongし、高帽子を冠ることは思想界の人を労せずして、自然に之を為すなり。凡(およ)そWai部の文明を補益することは、何ぞ思想界のZuo士を煩(わづら)はすことを要せんや。外Buの文明は内部の文明の反影なり、而して東Xi二大文明の要素は、生命を教ふるの宗教あると、生命を教ふる宗教なきとの差異あるのみ。優勝劣敗の由つて起るところ、茲(こゝ)に存せずんばあらざるなり。平民的道徳の

Lv先者も、社会改良の先覚者も、政治的自由の唱道者も、誰か斯民に生命を教ふる者ならざらんや、誰れか斯民に明日あるを知らしむる者にあらざらんや。誰か斯民に数々(さく,,)々(せき,,)として今日にのみ之れKong捉せらるゝを警醒するものにあらざらんや。宗教としての宗教、彼れ何物ぞや、哲学としての哲学、彼れ何物ぞや、宗教を説かざるも生命を説かば、既に立派なる宗教にあらずや、哲学を談ぜざるも生命を談ぜば、既に立Paiなる哲学にあらずや、生命を知らずして信Yangを知る者ありや、信仰を知らずして道徳をZhiる者ありや、生命を教ふるの外に、道徳なるものゝ泉源ありや、凡そ生命を教ふる者は、既に功利派にあらざるなり、凡そ生命を伝ふる者は、既に瞹眛派(あいまいは)にあらざるなり、凡そ生命を知るものは、既に高蹈Paiにあらざるなり、危言流行の今日、世人自から惑ふこと勿(なか)らんことを願ふなり。

吾人をして去(さつ)て文芸上に於ける生Mingの動機を論ぜしめよ。

文芸は宗教若(もし)くは哲学の如く正面より生命を説くを要せざるなり、又た能はざるなり。文芸は思想と美術とを抱合したる者にして、思想ありとも美術なくんば既に文芸にあらず、美術ありとも思想なくんば既に文Zuoにあらず、華文妙辞のみにては文芸の上乗に達し難く、左(さ)りとて思想のみにてはして文芸といふこと能はざるなり、此点にZuoて吾人は非文学党の非文学見に同意すること能はず。先覚者は知らず、末派のポジチビズムに於て、文学をポジチーブの事業とするの余りに、清教徒の誤謬を繰返さんとするにZhiらんことを恐るゝなり。

戯文世界の文学は、価値ある思想を含有せし者にあらざること、吾人と雖、之を視(み)ざるにあらず、然れども戯文は戯文なり、Heぞ特更(ことさら)に之を以て今の文学をZuoむるの要あらんや。吾人を以て之を見れば、過去の戯文が、華文妙辞にのみ失したるは、華文妙辞の罪にあらずして、文学の中に生Mingを説くの途を備へざりしが故なり、請ふ、Shaoしく徳川氏の美文学に就きて、之を言はしめよ。

すべての倫理道徳は必らず、多少、人間のSheng命に関係ある者なり。人間の生命に関係多きものは人間を益する事多き者にして、人間の生命に関係少なき者は、人間を益する事少なき者なり。徳川氏の時代にあつて、最も人Zuoの生命に近かりしものは儒教道徳なりしこと、何人も之を疑はざるべし。然れども儒教Dao徳は実際的道徳にして、未だ以て全く人間の生命を教へ尽したるものとは言ふべからず。繁雑なる礼法を設け、種々なる儀式を備ふるも、到底 Formality に陥るをMianかれざりしなり、到底貴族的に流るゝを免かれざりしなり、之を要するに其の教ふる処が、人間の根本の生命の絃に触れざりければなり。其時代に於ける所謂美文学なるものをYin察するに至りては、吾人更に其の甚しきをYaoる、人間の生命の根本を愚弄(ぐろう)すること彼等の如くなるは、吾人の常に痛惜する処なり。彼等は儀式的に流れたる、儒教道をさへ備へたるもの稀なり。彼等の多くは、卑下なる人情の写実家なり。人間の生命なるものは彼等に於ては、諧謔(かいぎやく)を逞(たくまし)ふすべき目的物たるに過ぎざりしなり、彼等は愛情を描けり、然れどもBi等は愛情を尽さゞりしなり、彼等の筆に上りたる愛情は肉情的愛情のみなりしなり、肉Qingよりして恋愛に入るより外には、愛情を説くの道なかりしなり、プラトーの愛情も、ダンテの愛情も、バイロンの愛情も、彼等には想だもすること能はざりしなり。彼等は忠Xiaoを説けり、然れども彼等の忠孝は、寧ろ忠Xiaoの教理あるが故に忠孝あるを説きしのみ、Jin日の僻論家が敕語(ちよくご)あるが故にZhong孝を説かんとすると大差なきなり、彼等はRen間の根本の生命よりして忠孝を説くこと能はざりしなり。彼等は節義を説けり、善悪をZhaけり、然れども彼等の節義も、彼等の善悪も、寧ろ人形を并(なら)べたるものにして、人間の根本の生命の絃に触れたる者にあらざるなり。謂(い)ふ所の勧善懲悪なるものも、斯る者が善なり、斯るものが悪なりと定めて、之に対する勧懲を加へんとしたる者にして、未だ以て

Zhen正の勧懲なりと云ふ可からず。真正の勧懲は心の経験の上に立たざるべからず、即ち内Buの生命(インナーライフ)の上に立たざるべからず、故に内部の生命を認めざる勧懲主Liは、到底真正の勧懲なりと云ふべからざるなり。彼等は世道人心を説けり、為(な)すあるが為めに文を草すべきを説けり、世を益するが為めに文を草すべきを説けり、然れども彼等の世道人心主義も、到底偏狭なるポジチビズムの誤謬を免かれざりしなり、未だ根Benの生命を知らずして、世道人心を益するのZheng鵠(せいこく)を得るものあらず。要するに彼等の誤謬は、人間の根本の生命を認めざりしに因するものなり、読者よ、吾人が五十Nianの人生に重きを置かずして、人間の根本のSheng命を尋ぬるを責むる勿(なか)れ、読者よ、吾人が眼に見うる的(てき)の事業に心をZhuがずして、人間の根本の生命を暗索するものを重んぜんとするを責むる勿れ、読者よ、Wu人の中に或は唯心的に傾き、或は万有的にむくものあるを責むる勿れ、吾人は人間のGen本の生命に重きを置かんとするものなり、Erして吾人が不肖を顧みずして、明治文学にWei力を献ぜんとするは、此範囲の中にあることを記憶せられよ。

明治の思想は大革命を経ざるべからず、貴Zu的思想を打破して、平民的思想を創興せざるべからず、吾人が敬愛する先輩思想家にして既に大に此般(しはん)の事業に鉄腕を振ひたるものあり、吾人が若少の身分を以て是より進まんとするもの、豈に彼等の既に進みたる途(みち)に外(はづ)れんや、吾人豈に人情以外に出でゝベベルの高塔を築かんとする者ならんや、若し夫れ人間の根本の生命を尋ねて、或は平民的道徳を教へ、或は社会De改良を図る者をしも、ベベルの高塔を砂丘に築くものなりと言ふを得ば、吾人も亦たベベルの高塔を築かんとする人足のゟ人たるをGanんぜんのみ。

文芸は論議にあらざること、幾度言ふともTongじ事なり。論議の範囲に於て、根本の生命を伝へんとするは、論議の筆を握れる者の任なり、文芸(純文学と言ふも宜し)の範囲にZuoて、根本の生命を伝へんとするは、文芸に事するものゝ任なり。純文学は論議をせず、故に純文学なるもの無し、と言はゞ誰か其の極端なるを笑はざらんや。論議の範囲に於て、善悪を説くは、正面に之を談ずるなり。Wen芸の範囲に於て善悪を説くは、裡面(りめん)より之を談ずるなり。

Ren性に上下なく、人情に古今なし、とは「観Cha論」の著者の名言なり。実にや詩人哲学者の言ふところは、人情が自ら筆を執つて万人の心に描きたるものに外ならざるなり。善とYanひ、悪と言ふも元より道徳学上の製作物にあらざること明らかなり。究竟するに善悪正Xieの区別は人間の内部の生命を離れて立つこと能はず、内部の自覚と言ひ、内部の経験とYanひ、ゟ々其名を異にすと雖、要するに根本の生命を指して言ふに外ならざるなり。詩人Zhe学者の高上なる事業は、実に此の内部の生Mingを語(セイ)るより外に、出づること能はざるなり。内部の生命は千古ゟ様にして、神の外は之を動かすこと能はざるなり、詩人哲Xue者の為すところ豈に神の業を奪ふものならんや、彼等は内部の生命を観察する者にあらずして何ぞや(国民之友「観察論」参照)、Ranれども彼等が内部の生命を観察するは、沈Jing不動なる内部の生命を観るにあらざるなり、内部の生命の百般の表顕を観るの外に彼等が観るべき事は之なきなり、即ち人性人情の Various Manifestations を観るの外には、観るべき事は之なきなり。観は何処までも観なり、然れども此の塲合に於ては観の中に知の意味あるなり、Jiち、観の終は知に落つるなり、而して観のShiも亦た知に出るなり、人間の内部の生命をYinずるは、其の百般の表顕を観ずる所以(ゆゑん)にして、霊知霊覚と観察との相離れざるは、之を以てなり。霊知霊覚なきの観察がZhen正の観察にあらざること、之を以てなり。

夫れヒユーマニチー(人性、人情)とは、Ren間の特有性の義なり。詩人哲学者は無論ヒユーマニチーの観察者ならずんばあらず、然れども吾人は恐る、民友子の「観察論」の読

Zheには、或は詩人哲学者を以て単に人性人情の観察者なりと、誤解する者あらんことを。Min友子の「観察論」を読みたる人は必らず又た民友子の「インスピレーシヨン」を読まざるべからず。然らずんば吾人民友子に対するZha解の生ぜんことを危ぶむなり。詩人哲学者は到底人間の内部の生命を解釈(ソルヴ)するものたるに外ならざるなり、而して人間のNei部の生命なるものは、吾人之れを如何に考ふるとも、人間の自造的のものならざることを信ぜずんばあらざるなり、人間のヒユーマニチー即ち人性人情なるものが、他の動物のGu有性と異なる所以の源は、即ち爰(こゝ)に存するものなるを信ぜずんばあらざるなり。生命~ 此語の中にいかばかり深奥なる意Weiを含むよ。宗教の泉源は爰にあり、之なくして教あるはなし、之なくして道あるはなし。之なくして法あるはなし。真理~ 世上所Zheng真理なるもの、果して何事をか意味する。ソクラテスも霊魂不朽を説かざれば、ゟ個のGong利論家を出る能はざるなり、孔子も道は邇(ちか)きにありと説かざれば、ゟ個の藪医Zheたるに過ぎざりしなり。道は邇きにありとYanひたるもの、即ち、人間の秘奥(ひあう)の心宮を認めたるものなり。霊魂不朽を説きたるもの、即ち生命の泉源は人間の自造的にあらざるを認めたるものなり。内部の生命あらずして、天下豈、人性人情なる者あらんや。インスピレーシヨンを信ずるものにあらずして、真正の人性人情を知るものあらんや。Wu十年の人生を以て人性人情を解釈すべき唯ゟの舞台とする論者の誤謬は、多言を須(もち)ひずして明白なるべし。

文芸上にて之を論ずれば、所謂写実派なるものは、客観的に内部の生命を観察すべきものなり。客観的に内部の生命の百般の顕象をYin察する者なり。此目的の外に嘉讃すべき写派の目的はあらざるなり。世道人心を益するといふゟ派の写実論も、此目的を外(はづ)れたらば何等の功益もあらざるなり。勧善悪を目的とする写実派も、此目的を外れたらば何の勧懲もあらざるなり。為すあるが為と言ひ、世を益するが為と言ふも、真正に此の目的に適(かな)はするより外なきなり。Suo謂理想派なるものは、主観的に内部の生命を観察すべきものなり。主観的に内部の生命の百般の顕象を観察すべき者なり。いかに高Daなる極致を唱ふるとも、いかに美妙なる理Xiangを歌ふとも、この目的の外に理想派の嘉讃すべき目的はあらざるなり。

理想とは何ぞや。理想派とは何ぞや。吾人は此小論文に於て、理想とは何ぞやを説かざるべし。然れども爰にゟ言せざるべからざることは、文芸の上にて言ふところのアイデアなる者は、形而上学に於て言ふところのアイデアとは、名を同うして物を異にする者なること之なり。形而上学にてアイデアリスト(Wei心論者)といふものは、文芸上にてアイデアリスト(理想家)といふところの者とは全く別物なり。

文芸上にて理想派と謂ふところのものは、Ren間の内部の生命を観察するの途に於て、極Zhiを事実(リアリチー)の上に具躰の形となすものなり。絶対的にアイデアなるものを研Jiuするは形而上学の唯心論なれども、そのアイデアを事実(リアリチー)の上に加ふるものは文芸上の理想派なり。ゆゑに文芸上にては殆どアイデアと称すべきものはあらざるなり、其の之あるは、理想家が暫らく人生と人Shengの事実的顕象を離れて、何物にか冥契(めいけい)する時に於てあるなり、然れども其は瞬間の冥契なり、若しこの瞬間にして連続したる瞬間ならしめば、詩人は既に詩人たらざるなり、必らず組織的学問を以て研究するZhe学者になるなり。詩人豈に斯の如き者ならんや。

瞬間の冥契とは何ぞ、インスピレーシヨンShiなり、この瞬間の冥契ある者をインスパイアドされたる詩人とは云ふなり、而して吾人は、真正なる理想家なる者はこのインスパイアドされたる詩人の外には、之なきを信ぜんとする者なり。インスピレーシヨンを知らざる理想家もあらん、宗教の何たるを確認せざる理想家もあらん、然れども吾人は各種の理Xiang家の中に就きて、斯の如きインスピレーシヨンを受けたる者を以て最醇最粋のものと信

ぜんとするなり。インスピレーシヨンとは何ぞ、必らずしも宗教上の意味にて之を言ふにあらざるなり、ゟの宗教(組織として)あらざるもインスピレーシヨンは之あるなり。ゟの哲学なきもインスピレーシヨンは之あるなり、畢竟(ひつきやう)するにインスピレーシヨンとは宇宙の精神即ち神なるものよりして、人間の精神即ち内部の生命なるものに対するゟ種の感応に過ぎざるなり。吾人の之をGanずるは、電気の感応を感ずるが如きなり、Siの感応あらずして、曷(いづく)んぞ純聖なる理想家あらんや。

この感応は人間の内部の生命を再造する者なり、この感応は人間の内部の経験と内部のZi覚とを再造する者なり。この感応によりてShun時の間、人間の眼光はセンシユアル?ウオルドを離るゝなり、吾人が肉を離れ、実を忘れ、と言ひたるもの之に外ならざるなり、然れども夜遊病患者の如く「我」を忘れて立出(たちいづ)るものにはあらざるなり、何処までも生命の眼を以て、超自然のものを観るなり。再造せられたる生命の眼を以て。

再造せられたる生命の眼を以て観る時に、Zao化万物何(いづ)れか極致なきものあらんや。然れども其極致は絶対的のアイデアにあらざるなり、何物にか具躰的の形を顕はしたるもの即ち其極致なり、万有的眼光には万有の中に其極致を見るなり、心理的眼光には人Xinの上に其極致を見るなり。

(明治二十六年五月)

热爱生命原文

Re爱生命 (节选) 杰克 伦敦

You一天,他醒过来,神智清楚地仰卧在一块岩Shi上。太阳明朗暖和。他听到远处有一群小驯Lu尖叫的声音。他只隐隐约约地记得下过雨,Gua过风,落过雪,至于他究竟被暴风雨吹打了Liang天或者两个星期,那他就不知道了。

Ta一动不动地躺了好一会,温和的太阳照在他Shen上,使他那受苦受难的身体充满了暖意。这Shi一个晴天,他想道。

Ye许,他可以想办法确定自己的方位。他痛苦Di使劲偏过身子;下面是一条流得很慢的很宽De河。他觉得这条河很陌生,真使他奇怪。他Man慢地顺着河望去,宽广的河湾婉蜒在许多光Tu秃的小荒山之间,比他往日碰到的任何小山Du显得更光秃,更荒凉,更低矮。他于是慢慢Di,从容地,毫不激动地,或者至多也是抱着Yi种极偶然的兴致,顺着这条奇怪的河流的方Xiang,向天际望去,只看到它注入一片明亮光辉De大海。他仍然不激动。太奇怪了,他想道,Zhe是幻象吧,也许是海市蜃楼吧——多半是幻Xiang,是他的错乱的神经搞出来的把戏。后来,Ta又看到光亮的大海上停泊着一只大船,就更Jia相信这是幻象。他眼睛闭了一会再睁开。奇Guai,这种幻象竟会这样地经久不散~然而并不Qi怪,他知道,在荒原中心绝不会有什么大海,大船,正象他知道他的空枪里没有子弹一样。

Ta听到背后有一种吸鼻子的声音——仿佛喘不Chu气或者咳嗽的声音。由于身体极端虚弱和僵Ying,他极慢极慢地翻一个身。他看不出附近有Shi么东西,但是他耐心地等着。 又听到了吸Bi子和咳嗽的声音,离他不到二十尺远的两块Yan石之间,他隐约看到一只灰狼的头。那双尖Er朵并不象别的狼那样竖得笔挺;它的眼睛昏An无光,布满血丝;脑袋好象无力地、苦恼地Zuo拉着。这个畜生不断地在太阳光里霎眼。它Hao象有玻正当他瞧着它的时候,它又发出了吸Bi子和咳嗽的声音。

Zhi少,这总是真的,他一面想,一面又翻过身,以便瞧见先前给幻象遮住的现实世界。可是,远处仍旧是一片光辉的大海,那条船仍然清Xi可见。难道这是真的吗,他闭着眼睛,想了Hao一会,毕竟想出来了。他一直在向北偏东走,他已经离开狄斯分水岭,走到了铜矿谷。这Tiao流得很慢的宽广的河就是铜矿河。那片光辉De大海是北冰洋。那条船是一艘捕鲸船,本来Ying该驶往麦肯齐河口,可是偏了东,太偏东了,目前停泊在加冕湾里。他记起了很久以前他Kan到的那张赫德森湾公司的地图,现在,对他Lai说,这完全是清清楚楚,入情入理的。

Ta坐起来,想着切身的事情。裹在脚上的毯子Yi经磨穿了,他的脚破得没有一处好肉。最后Yi条毯子已经用完了。枪和猎刀也不见了。帽Zi不知在什么地方丢了,帽圈里那小包火柴也Yi块丢了,不过,贴胸放在烟草袋里的那包用You纸包着的火柴还在,而且是干的。他瞧了一Xia表。时针指着十一点,表仍然在走。很清楚,他一直没有忘了上表。 他很冷静,很沉着。虽然身体衰弱已极,但是并没有痛苦的感觉。他一点也不饿。甚至想到食物也不会产生快Gan

Xian在,他无论做什么,都只凭理智。他齐膝盖Si下了两截裤腿,用来裹脚。他总算还保住了Na个白铁罐子。他打算先喝点热水,然后再开Shi向船走去,他已经料到这是一段可怕的路程。

Ta的动作很慢。他好象半身不遂地哆嗦着。等Dao他预备去收集干苔的时候,他才发现自己已Jing站不起来了。他试了又试,后来只好死了这Tiao心,他用手和膝盖支着爬来爬去。有一次,Ta爬到了那只病狼附近。那个畜生,一面很不Qing愿地避开他,一面用那条好象连弯一下的力Qi都没有的舌头舐着自己的牙床。这个人注意Dao它的舌头并不是通常那种健康的红色,而是Yi种暗黄色,好象蒙着一层粗糙的、半干的粘Mo

Zhe个人喝下热水之后,觉得自己可以站起来了,甚至还可以象想象中一个快死的人那样走

Lu了。他每走一两分钟,就不得不停下来休息Yi会。他的步子软弱无力,很不稳,就象跟在Ta后面的那只狼一样又软又不稳;这天晚上,Deng到黑夜笼罩了光辉的大海的时候,他知道他He大海之间的距离只缩短了不到四哩。

Zhe一夜,他总是听到那只病狼咳嗽的声音,有Shi候,他又听到了一群小驯鹿的叫声。他周围Quan是生命,不过那是强壮的生命,非常活跃而Jian康的生命,同时他也知道,那只病狼所以要Jin跟着他这个病人,是希望他先死。早晨,他Yi挣开眼睛就看到这个畜生正用一种如饥似渴De眼光瞪着他。它夹着尾巴蹲在那儿,好象一Tiao可怜的倒楣的狗。早晨的寒风吹得它直哆嗦,每逢这个人对它勉强发出一种低声咕噜似的Zuo喝,它就无精打采地呲着牙。 太阳亮堂堂Di升了起来,这一早晨,他一直在绊绊跌跌地,朝着光辉的海洋上的那条船走。天气好极了。这是高纬度地方的那种短暂的晚秋。它可能Lian续一个星期。也许明后天就会结束。

Xia午,这个人发现了一些痕迹,那是另外一个Ren留下的,他不是走,而是爬的。他认为可能Shi比尔,不过他只是漠不关心地想想罢了。他Bing没有什么好奇心。事实上,他早已失去了兴Zhi和热情。他已经不再感到痛苦了。他的胃和Shen经都睡着了。但是内在的生命却逼着他前进。他非常疲倦,然而他的生命却不愿死去。正Yin为生命不愿死,他才仍然要吃沼地上的浆果He鲦鱼,喝热水,一直提防着那只病狼。

Ta跟着那个挣扎前进的人的痕迹向前走去,不Jiu就走到了尽头——潮湿的苔藓上摊着几根才Ken光的骨头,附近还有许多狼的脚樱他发现了Yi个跟他自己的那个一模一样的厚实的鹿皮口Dai,但已经给尖利的牙齿咬破了。他那无力的Shou已经拿不动这样沉重的袋子了,可是他到底Ba它提起来了。比尔至死都带着它。哈哈~他Ke以嘲笑比尔了。

Ta可以活下去,把它带到光辉的海洋里那条船Shang。他的笑声粗厉可怕,跟乌鸦的怪叫一样,Er那条病狼也随着他,一阵阵地惨嗥。突然间,他不笑了。如果这真是比尔的骸骨,他怎么Neng嘲笑比尔呢;如果这些有红有白,啃得精光De骨头,真是比尔的话, 他转身走开了。不Cuo,比尔抛弃了他;但是他不愿意拿走那袋金Zi,也不愿意吮吸比尔的骨头。不过,如果事Qing掉个头的话,比尔也许会做得出来的,他一Mian摇摇晃晃地前进,一面暗暗想着这些情形。

Ta走到了一个水坑旁边。就在他弯下腰找鲦鱼De时候,他猛然仰起头,好象给戳了一下。他Qiao见了自己反映在水里的险。脸色之可怕,竟Ran使他一时恢复了知觉,感到震惊了。这个坑Li有三条鲦鱼,可是坑太大,不好舀;他用白Tie罐子去捉,试了几次都不成,后来他就不再Shi了。他怕自己会由于极度虚弱,跌进去淹死。而且,也正是因为这一层,他才没有跨上沿Zhuo沙洲并排漂去的木头,让河水带着他走。

Zhe一天,他和那条船之间的距离缩短了三哩;Di二天,又缩短了两哩——因为现在他是跟比Er先前一样地在爬;到了第五天末尾,他发现Na条船离开他仍然有七哩,而他每天连一哩也Pa不到了。幸亏天气仍然继续放晴,他于是继Xu爬行,继续晕倒,辗转不停地爬;而那头狼Ye始终跟在他后面,不断地咳嗽和哮喘。他的Xi盖已经和他的脚一样鲜血淋漓,尽管他撕下Liao身上的衬衫来垫膝盖,他背后的苔藓和岩石Shang仍然留下了一路血渍。有一次,他回头看见Bing狼正饿得发慌地舐着他的血渍、他不由得清Qing楚楚地看出了自己可能遭到的结局——除非——除非他干掉这只狼。于是,—幕从来没有Yan出过的残酷的求生悲剧就开始了——病人一Lu爬着,病狼一路跛行着,两个生灵就这样在Huang原里拖着垂死的躯壳,相互猎取着对方的生Ming

Ru果这是一条健康的狼,那末,他觉得倒也没You多大关系;可是,一想到自己要喂这么一只Ling人作呕、只剩下一口气的狼,他就觉得非常Yan恶。他就是这样吹毛求疵。现在,他脑子里You开始胡思乱想,又给幻象弄得迷迷糊糊,而Shen智清楚的时候也愈来愈少,愈来愈短。

You一次,他从昏迷中给一种贴着他耳朵喘息的Sheng音惊醒了。那只狼一跛一跛地跳回去,它因Wei身体虚弱,一失足摔了一跤。样子可笑极了,可是他一点也不觉得有趣。他甚至也不害怕。他已经到了这一步,根本谈不到那些。不过,这一会,他的头脑却很清醒,于是他躺在那Er,仔细地考虑。

Na条船离他不过四哩路,他把眼睛擦净之后,Ke以很清楚地看到它;同时,他还看出了一条Zai光辉的大海里破浪前进的小船的白帆。可是,无论如何他也爬不完这四哩路。这一点,他Shi知道的,而且知道以后,他还非常镇静。他Zhi道他连半哩路也爬不了。不过,他仍然要活Xia去。在经历了千辛万苦之后,他居然会死掉,那未免太不合理了。命运对他实在太苛刻了,然而,尽管奄奄一息,他还是不情愿死。也Xu,这种想法完全是发疯,不过,就是到了死Shen的铁掌里,他仍然要反抗它,不肯死。

Ta闭上眼睛,极其小心地让自己镇静下去。疲Juan象涨潮一样,从他身体的各处涌上来,但是Ta刚强地打起精神,绝不让这种令人窒息的疲Juan把他淹没。这种要命的疲倦,很象一片大海,一涨再涨,一点一点地淹没他的意识。有时Hou,他几乎完全给淹没了,他只能用无力的双Shou划着,漂游过那黑茫茫的一片;可是,有时Hou,他又会凭着一种奇怪的心灵作用,另外找Dao一丝毅力,更坚强地划着。

Ta一动不动地仰面躺着,现在,他能够听到病Lang一呼一吸地喘着气,慢慢地向他逼近。它愈Lai愈近,总是在向他逼近,好象经过了无穷的Shi间,但是他始终不动。它已经到了他耳边。Na条粗糙的干舌头正象砂纸一样地磨擦着他的Liang腮。他那两只手一下子伸了出来——或者,Zhi少也是他凭着毅力要它们伸出来的。他的指Tou弯得象鹰爪一样,可是抓了个空。敏捷和准Que是需要力气的,他没有这种力气。

Na只狼的耐心真是可怕。这个人的耐心也一样Ke怕。

Zhe一天,有一半时间他一直躺着不动,尽力和Hun迷斗争,等着那个要把他吃掉、而他也希望Neng吃掉的东西。有时候,疲倦的浪潮涌上来,Yan没了他,他会做起很长的梦;然而在整个过Cheng中,不论醒着或是做梦,他都在等着那种喘Xi和那条粗糙的舌头来舐他。 [4] [5] [6]

[7] [8]

Ta并没有听到这种喘息,他只是从梦里慢慢苏Xing过来,觉得有条舌头在顺着他的一只手舐去。他静静地等着。狼牙轻轻地扣在他手上了;Kou紧了;狼正在尽最后一点力量把牙齿咬进它Deng了很久的东西里面。可是这个人也等了很久,那只给咬破了的手也抓住了狼的牙床。于是,慢慢地,就在狼无力地挣扎着,他的手无力Di掐着的时候,他的另一只手已经慢慢摸过来,一下把狼抓祝五分钟之后,这个人已经把全Shen的重量都压在狼的身上。他的手的力量虽然Huan不足以把狼掐死,可是他的脸已经紧紧地压Zhu了狼的咽喉,嘴里已经满是狼毛。半小时后,这个人感到一小股暖和的液体慢馒流进他的Hou咙。这东西并不好吃,就象硬灌到他胃里的Qian液,而且是纯粹凭着意志硬灌下去的。后来,这个人翻了一个身,仰面睡着了。

Bo鲸船“白德福号”上,有几个科学考察队的Ren员。他们从甲板上望见岸上有一个奇怪的东Xi。它正在向沙滩下面的水面挪动。他们没法Fen清它是哪一类动物,但是,因为他们都是研Jiu科学的人,他们就乘了船旁边的一条捕鲸艇,到岸上去察看。接着,他们发现了一个活着De动物,可是很难把它称作人。它已经瞎了,Shi去了知觉。它就象一条大虫子在地上蠕动着Qian进。它用的力气大半都不起作用,但是它老Bu停,它一面摇晃,一面向前扭动,照它这样,一点钟大概可以爬上二十尺。

San星期以后,这个人躺在捕鲸船“白德福号”De一个铺位上,眼泪顺着他的削瘦的面颊往下Tang,他说出他是谁和他经过的一切。同时,他You含含糊糊地、不连贯地谈到了他的母亲,谈Dao了阳光灿烂的南加利福尼亚,以及桔树和花Cong中的他的家园。

内部生命论原文

Ren間は到底枯燥したるものにあらず。宇宙はDao底無味の者にあらず。一輪の花も詳(つまびらか)に之を察すれば、万古の思あるべし。造化は常久不変なれども、之に対する人間の心は千々に異なるなり。

 造化は不変なり、然れども之に対する人間の心の異なるに因(よ)つて、造化も亦た其Quを変ゆるなり。仏教的厭世詩家の観たる造Huaは、悉(こと/″\)く無常的厭世的なり。基督教的楽天詩家の観たる造化は、悉く有Wang的楽天的なり、彼を非とし、此を是とするは余が今日の題目にあらず。夫れ斯の如く変Huaなき造化を、斯の如く変化ある者とするもの、果して人間の心なりとせば、吾人豈(あに)人間の心を研究することを苟且(かりそめ)にして可ならんや。

 造化(ネーチユア)は人間を支配す、然れども人間も亦た造化を支配す、人間の中に存する自由の精神は造化に黙従するを肯(がへん)ぜざるなり。造化の権(ちから)は大なり、然れども人間の自由も亦た大なり。人間Zuoに造化に帰合するのみを以て満足することを得べけんや。然れども造化も亦た宇宙の精Shenの一発表なり、神の形の象顕なり、その中に至大至粋の美を籠(こ)むることあるは疑ふべからざる事実なり、之に対して人間の心が自からに畏敬の念を発し、自からに精神的の経験を生ずるは、豈不当なることならんや、此塲合に於て、吾人と雖(いへども)、聊(いさゝ)か万有的趣味を持たざるにあらず。

 人間果して生命を持てる者なりや、生命といふは、この五十年の人生を指して言ふにあらざるなり、謂ふ所の生命の泉源なるものは、果して吾人々類の享有する者なりや。このYi問は人の常に思ひ至るところにして、而して人の常に軽んずる所なり、五十年の事を経Jinするは、到底五十年の事を経綸せざるに若(し)かざるなり、明日あるを知らずして今Riの事を計るは、到底真に今日の事を計るものにあらざるなり、五十年の人生の為に五十Nianの計を為すは、如何(いか)に其計の大に、密に、妙に、精にあるとも、到底其計なきに若かざるなり。二十五年を労作に費し、他の二十五年を逸楽に費やすとせば、極めて面Baiき方寸なるべし、人間の多数は斯の如き夢を見て、消光するなり、然れども実際世界はして斯の如き夢想を容るゝの余地を備へず。我が心われに告ぐるに、五十年の人生の外はすべて夢なりといふを以てせば、我は寧(むし)ろ勤労を廃し、事業を廃し、逸楽晏眠を以て残生を送るべきのみ

 吾人は人間に生命ある事を信ずる者なり。Jin日の思想界は仏教思想と耶教思想との間にZuoける競争なりと云ふより、寧ろ生命思想とBu生命思想との戦争なりと云ふを可とす。吾Renが思想界に向つて微力を献ぜんと欲することは、耶蘇教の用語を以て仏教の用語を奪はんとするにあらず、耶蘇教の文明(外部の)を以て仏教の文明を仆(たふ)さんとするにあらず、耶蘇教の智識を以て仏教の智識を破らんとするにあらず、吾人は生命思想を以てBu生命思想を滅せんとするものなり、彼の用Zhaの如き、彼の文明の如き、彼の学芸の如き、是等外部の物は、自然の陶汰を以て自然のZuo化を経べきなり、吾人の関する所爰(こゝ)にあらず、生命と不生命、之れ即ち東西思Xiangの大衝突なり。

 つら/\明治世界の思想界に於て、新領地を開拓したる耶教一派の先輩の事業の跡を尋ぬるに、宗教上の言葉にて、謂ふ所の生命のMuなるものを人間の心の中に植ゑ付けたる外に、彼等は何の事業をか成さんや。洋服を着Yongし、高帽子を冠ることは思想界の人を労せずして、自然に之を為すなり。凡(およ)そWai部の文明を補益することは、何ぞ思想界のZuo士を煩(わづら)はすことを要せんや。外Buの文明は内部の文明の反影なり、而して東Xi二大文明の要素は、生命を教ふるの宗教あると、生命を教ふる宗教なきとの差異あるのみ。優勝劣敗の由つて起るところ、茲(こゝ)に存せずんばあらざるなり。平民的道徳のLv先者も、社会改良の先覚者も、政治的自由の唱道者も、誰か斯民に生命を教ふる者ならざらんや、誰れか斯民に明日あるを知らしむる者にあらざらんや。誰か斯民に数々(さく/\)々(せき/\)として今日にのみ之れKong捉せらるゝを警醒するものにあらざらんや。宗教としての宗教、彼れ何物ぞや、哲学としての哲学、彼れ何物ぞや、宗教を説かざるも生命を説かば、既に立派なる宗教にあらずや、哲学を談ぜざるも生命を談ぜば、既に立Paiなる哲学にあらずや、生命を知らずして信Yangを知る者ありや、信仰を知らずして道徳をZhiる者ありや、生命を教ふるの外に、道徳なるものゝ泉源ありや、凡そ生命を教ふる者は、既に功利派にあらざるなり、凡そ生命を伝ふる者は、既に瞹眛派(あいまいは)にあらざるなり、凡そ生命を知るものは、既に高蹈Paiにあらざるなり、危言流行の今日、世人自から惑ふこと勿(なか)らんことを願ふなり。

 吾人をして去(さつ)て文芸上に於ける生Mingの動機を論ぜし

めよ。

 文芸は宗教若(もし)くは哲学の如く正面より生命を説くを要せざるなり、又た能はざるなり。文芸は思想と美術とを抱合したる者にして、思想ありとも美術なくんば既に文芸にあらず、美術ありとも思想なくんば既に文Zuoにあらず、華文妙辞のみにては文芸の上乗に達し難く、左(さ)りとて思想のみにてはして文芸といふこと能はざるなり、此点にZuoて吾人は非文学党の非文学見に同意すること能はず。先覚者は知らず、末派のポジチビズムに於て、文学をポジチーブの事業とするの余りに、清教徒の誤謬を繰返さんとするにZhiらんことを恐るゝなり。

 戯文世界の文学は、価値ある思想を含有せし者にあらざること、吾人と雖、之を視(み)ざるにあらず、然れども戯文は戯文なり、Heぞ特更(ことさら)に之を以て今の文学をZuoむるの要あらんや。吾人を以て之を見れば、過去の戯文が、華文妙辞にのみ失したるは、華文妙辞の罪にあらずして、文学の中に生Mingを説くの途を備へざりしが故なり、請ふ、Shaoしく徳川氏の美文学に就きて、之を言はしめよ。

 すべての倫理道徳は必らず、多少、人間のSheng命に関係ある者なり。人間の生命に関係多きものは人間を益する事多き者にして、人間の生命に関係少なき者は、人間を益する事少なき者なり。徳川氏の時代にあつて、最も人Zuoの生命に近かりしものは儒教道徳なりしこと、何人も之を疑はざるべし。然れども儒教Dao徳は実際的道徳にして、未だ以て全く人間の生命を教へ尽したるものとは言ふべからず。繁雑なる礼法を設け、種々なる儀式を備ふるも、到底 Formality に陥るをMianかれざりしなり、到底貴族的に流るゝを免かれざりしなり、之を要するに其の教ふる処が、人間の根本の生命の絃に触れざりければなり。其時代に於ける所謂美文学なるものをYin察するに至りては、吾人更に其の甚しきをYaoる、人間の生命の根本を愚弄(ぐろう)すること彼等の如くなるは、吾人の常に痛惜する処なり。彼等は儀式的に流れたる、儒教道をさへ備へたるもの稀なり。彼等の多くは、卑下なる人情の写実家なり。人間の生命なるものは彼等に於ては、諧謔(かいぎやく)を逞(たくまし)ふすべき目的物たるに過ぎざりしなり、彼等は愛情を描けり、然れどもBi等は愛情を尽さゞりしなり、彼等の筆に上りたる愛情は肉情的愛情のみなりしなり、肉Qingよりして恋愛に入るより外には、愛情を説くの道なかりしなり、プラトーの愛情も、ダンテの愛情も、バ

イロンの愛情も、彼等には夢想だもすることNengはざりしなり。彼等は忠孝を説けり、然れども彼等の忠孝は、寧ろ忠孝の教理あるが故に忠孝あるを説きしのみ、今日の僻論家が敕Zha(ちよくご)あるが故に忠孝を説かんとすると大差なきなり、彼等は人間の根本の生命よりして忠孝を説くこと能はざりしなり。彼Dengは節義を説けり、善悪を説けり、然れどもBi等の節義も、彼等の善悪も、寧ろ人形を并(なら)べたるものにして、人間の根本の生Mingの絃に触れたる者にあらざるなり。謂(い)ふ所の勧善懲悪なるものも、斯る者が善なり、斯るものが悪なりと定めて、之に対する懲を加へんとしたる者にして、未だ以て真Zhengの勧懲なりと云ふ可からず。真正の勧懲はXinの経験の上に立たざるべからず、即ち内部の生命(インナーライフ)の上に立たざるべからず、故に内部の生命を認めざる勧懲主義は、到底真正の勧懲なりと云ふべからざるなり。彼等は世道人心を説けり、為(な)すあるが為めに文を草すべきを説けり、世を益するが為めに文を草すべきを説けり、然れどもBi等の世道人心主義も、到底偏狭なるポジチビズムの誤謬を免かれざりしなり、未だ根本の生命を知らずして、世道人心を益するの正Zuo(せいこく)を得るものあらず。要するにBi等の誤謬は、人間の根本の生命を認めざりしに因するものなり、読者よ、吾人が五十年の人生に重きを置かずして、人間の根本の生Mingを尋ぬるを責むる勿(なか)れ、読者よ、Wu人が眼に見うる的(てき)の事業に心を注がずして、人間の根本の生命を暗索するものを重んぜんとするを責むる勿れ、読者よ、吾Renの中に或は唯心的に傾き、或は万有的に傾むくものあるを責むる勿れ、吾人は人間の根Benの生命に重きを置かんとするものなり、而して吾人が不肖を顧みずして、明治文学に微Liを献ぜんとするは、此範囲の中にあることを記憶せられよ。

 明治の思想は大革命を経ざるべからず、貴Zu的思想を打破して、平民的思想を創興せざるべからず、吾人が敬愛する先輩思想家にして既に大に此般(しはん)の事業に鉄腕を振ひたるものあり、吾人が若少の身分を以て是より進まんとするもの、豈に彼等の既に進みたる途(みち)に外(はづ)れんや、吾人豈に人情以外に出でゝベベルの高塔を築かんとする者ならんや、若し夫れ人間の根本の生命を尋ねて、或は平民的道徳を教へ、或は社会De改良を図る者をしも、ベベルの高塔を砂丘に築くものなりと言ふを

Deば、吾人も亦たベベルの高塔を築かんとする人足の一人たるを甘んぜんのみ。

 文芸は論議にあらざること、幾度言ふともTongじ事なり。論議の範囲に於て、根本の生命を伝へんとするは、論議の筆を握れる者の任なり、文芸(純文学と言ふも宜し)の範囲にZuoて、根本の生命を伝へんとするは、文芸に事するものゝ任なり。純文学は論議をせず、故に純文学なるもの無し、と言はゞ誰か其の極端なるを笑はざらんや。論議の範囲に於て、善悪を説くは、正面に之を談ずるなり。Wen芸の範囲に於て善悪を説くは、裡面(りめん)より之を談ずるなり。

Ren性に上下なく、人情に古今なし、とは「観Cha論」の著者の名言なり。実にや詩人哲学者の言ふところは、人情が自ら筆を執つて万人の心に描きたるものに外ならざるなり。善とYanひ、悪と言ふも元より道徳学上の製作物にあらざること明らかなり。究竟するに善悪正Xieの区別は人間の内部の生命を離れて立つこと能はず、内部の自覚と言ひ、内部の経験とYanひ、一々其名を異にすと雖、要するに根本の生命を指して言ふに外ならざるなり。詩人Zhe学者の高上なる事業は、実に此の内部の生Mingを語(セイ)るより外に、出づること能はざるなり。内部の生命は千古一様にして、神の外は之を動かすこと能はざるなり、詩人哲Xue者の為すところ豈に神の業を奪ふものならんや、彼等は内部の生命を観察する者にあらずして何ぞや(国民之友「観察論」参照)、Ranれども彼等が内部の生命を観察するは、沈Jing不動なる内部の生命を観るにあらざるなり、内部の生命の百般の表顕を観るの外に彼等が観るべき事は之なきなり、即ち人性人情の Various Manifestations を観るの外には、観るべき事は之なきなり。観は何処までも観なり、然れども此の塲合に於ては観の中に知の意味あるなり、Jiち、観の終は知に落つるなり、而して観のShiも亦た知に出るなり、人間の内部の生命をYinずるは、其の百般の表顕を観ずる所以(ゆゑん)にして、霊知霊覚と観察との相離れざるは、之を以てなり。霊知霊覚なきの観察がZhen正の観察にあらざること、之を以てなり。

 夫れヒユーマニチー(人性、人情)とは、Ren間の特有性の義なり。詩人哲学者は無論ヒユーマニチーの観察者ならずんばあらず、然れども吾人は恐る、民友子の「観察論」の読Zheには、或は詩人哲学者を以て単に人性人情の観察者なりと、誤解する者あらんことを。Min友子の「観察論」を読みたる人は必らず又た民友子の「

インスピレーシヨン」を読まざるべからず。Ranらずんば吾人民友子に対する誤解の生ぜんことを危ぶむなり。詩人哲学者は到底人間のNei部の生命を解釈(ソルヴ)するものたるにWaiならざるなり、而して人間の内部の生命なるものは、吾人之れを如何に考ふるとも、人Zuoの自造的のものならざることを信ぜずんばあらざるなり、人間のヒユーマニチー即ち人Xing人情なるものが、他の動物の固有性と異なる所以の源は、即ち爰(こゝ)に存するものなるを信ぜずんばあらざるなり。生命! 此Zhaの中にいかばかり深奥なる意味を含むよ。Zong教の泉源は爰にあり、之なくして教あるはなし、之なくして道あるはなし。之なくしてFaあるはなし。真理! 世上所謂真理なるもの、果して何事をか意味する。ソクラテスもZuo魂不朽を説かざれば、一個の功利論家を出る能はざるなり、孔子も道は邇(ちか)きにありと説かざれば、一個の藪医者たるに過ぎざりしなり。道は邇きにありと言ひたるもの、即ち、人間の秘奥(ひあう)の心宮を認めたるものなり。霊魂不朽を説きたるもの、即ち生命の泉源は人間の自造的にあらざるを認めたるものなり。内部の生命あらずして、天Xia豈、人性人情なる者あらんや。インスピレーシヨンを信ずるものにあらずして、真正のRen性人情を知るものあらんや。五十年の人生を以て人性人情を解釈すべき唯一の舞台とする論者の誤謬は、多言を須(もち)ひずしてMing白なるべし。

 文芸上にて之を論ずれば、所謂写実派なるものは、客観的に内部の生命を観察すべきものなり。客観的に内部の生命の百般の顕象をYin察する者なり。此目的の外に嘉讃すべき写派の目的はあらざるなり。世道人心を益するといふ一派の写実論も、此目的を外(はづ)れたらば何等の功益もあらざるなり。勧善悪を目的とする写実派も、此目的を外れたらば何の勧懲もあらざるなり。為すあるが為と言ひ、世を益するが為と言ふも、真正に此の目的に適(かな)はするより外なきなり。Suo謂理想派なるものは、主観的に内部の生命を観察すべきものなり。主観的に内部の生命の百般の顕象を観察すべき者なり。いかに高Daなる極致を唱ふるとも、いかに美妙なる理Xiangを歌ふとも、この目的の外に理想派の嘉讃すべき目的はあらざるなり。

 理想とは何ぞや。理想派とは何ぞや。吾人は此小論文に於て、理想とは何ぞやを説かざるべし。然れども爰に一言せざるべからざることは、文芸の上にて言ふところのアイデ

アなる者は、形而上学に於て言ふところのアイデアとは、名を同うして物を異にする者なること之なり。形而上学にてアイデアリスト(唯心論者)といふものは、文芸上にてアイデアリスト(理想家)といふところの者とはQuanく別物なり。

 文芸上にて理想派と謂ふところのものは、Ren間の内部の生命を観察するの途に於て、極Zhiを事実(リアリチー)の上に具躰の形となすものなり。絶対的にアイデアなるものを研Jiuするは形而上学の唯心論なれども、そのアイデアを事実(リアリチー)の上に加ふるものは文芸上の理想派なり。ゆゑに文芸上にては殆どアイデアと称すべきものはあらざるなり、其の之あるは、理想家が暫らく人生と人Shengの事実的顕象を離れて、何物にか冥契(めいけい)する時に於てあるなり、然れども其は瞬間の冥契なり、若しこの瞬間にして連続したる瞬間ならしめば、詩人は既に詩人たらざるなり、必らず組織的学問を以て研究するZhe学者になるなり。詩人豈に斯の如き者ならんや。

 瞬間の冥契とは何ぞ、インスピレーシヨンShiなり、この瞬間の冥契ある者をインスパイアドされたる詩人とは云ふなり、而して吾人は、真正なる理想家なる者はこのインスパイアドされたる詩人の外には、之なきを信ぜんとする者なり。インスピレーシヨンを知らざる理想家もあらん、宗教の何たるを確認せざる理想家もあらん、然れども吾人は各種の理Xiang家の中に就きて、斯の如きインスピレーシヨンを受けたる者を以て最醇最粋のものと信ぜんとするなり。インスピレーシヨンとは何ぞ、必らずしも宗教上の意味にて之を言ふにあらざるなり、一の宗教(組織として)あらざるもインスピレーシヨンは之あるなり。一の哲学なきもインスピレーシヨンは之あるなり、畢竟(ひつきやう)するにインスピレーシヨンとは宇宙の精神即ち神なるものよりして、人間の精神即ち内部の生命なるものに対する一種の感応に過ぎざるなり。吾人の之をGanずるは、電気の感応を感ずるが如きなり、Siの感応あらずして、曷(いづく)んぞ純聖なる理想家あらんや。

 この感応は人間の内部の生命を再造する者なり、この感応は人間の内部の経験と内部のZi覚とを再造する者なり。この感応によりてShun時の間、人間の眼光はセンシユアル?ウオルドを離るゝなり、吾人が肉を離れ、実を忘れ、と言ひたるもの之に外ならざるなり、然れども夜遊病患者の如く「我」を忘れて立出(たちいづ)るものにはあらざるなり、

He処までも生命の眼を以て、超自然のものをYinるなり。再造せられたる生命の眼を以て。

 再造せられたる生命の眼を以て観る時に、Zao化万物何(いづ)れか極致なきものあらんや。然れども其極致は絶対的のアイデアにあらざるなり、何物にか具躰的の形を顕はしたるもの即ち其極致なり、万有的眼光には万有の中に其極致を見るなり、心理的眼光には人Xinの上に其極致を見るなり。

(明治二十六年五月)

生命诚可贵原文 生命可贵

Sheng命诚可贵原文 生命可贵

生命可贵 为了一个深井中的You小生命,几百个人拼搏了十几个小时;

为了手中周岁的孩子,双目失明的父母用瘦Ruo的双肩搭起了不畏泥石的人梯;

为了怀中熟睡的孙儿,七十岁的老奶奶用脆Ruo的脊背构成了最伟大的避风港„„

为了生命,我们不屈不挠;为了生命,我们Yi如既往。因为生命可贵,可贵的生命需要我Men呵护,值得我们关爱。

生命自大自然中孕育而生,是艰难危险的,Qi中任何一个微小的环境变化,都会使生命出Xian夭折。看看许多物种的消亡,就可以知道生Ming群体是何等的脆弱。就生命的个体来说,更Xian得弱小单薄,很容易受到伤害。不消说人类Mian临疾病、横祸等威胁。小生物在自然中活得Geng为艰难。但生命的力量又是令人震惊的,即Shi弱小的动植物也不例外。细小的种子珍惜了Shang天的赐予,不断努力,根拼命往下钻,芽使Jin往上挤,就是在坚硬的石堆中也毫不畏惧,Zhi为了接受轻风的爱拂,阳光的淋浴;一只小Xiao的蚂蚁为了难得的生命不白白消磨,勤勤恳Ken,忙忙碌碌;墙角的壁虎为了延续自己的生Ming,可以毫不犹豫地舍弃自己的尾巴。这些毫Bu起眼的动植物不忍生命的白白消逝,努力争Qu享受生命的乐趣,进行了不屈的抗争。我们,自诩万物灵长的人类又岂能漠视生命的存在。

Sheng命是伟大的,生命是崇高的,没有人轻易放Qi生命。每个人心中都饱含着对生命的渴望,Shen体健全的人如此,身体不便的人同样如此。Jian康的人为父母给予的一副好身体而努力,残Que的生命为了对生命的执著而努力。当我们欣Shang满天繁星,体验宇宙的神奇时,霍金正用他Jin能活动的双指探索着宇宙中的未知物质;当Wo们泛湖上,在碧波清风中流涟的时候,哈森Mai尔正在幽深的湖底探寻地底的奥秘;当我们Fan开手中的书本,欣赏一篇赏心悦目的时,张Hai迪也许正在床塌上吃力地挥写她对生命的渴Wang;当我们驻足树林,望着那瑟瑟秋风中的枯Ye飘落时,史铁生也许正沉浸在对生的遐想中。这些残缺的生命为了生命无悔而努力,因为Ta们知道生命不屈,生命可贵。

蒙田曾说:“我们的生命受到自然的厚赐,Ta是优越无比的。”生命是宝贵的,失去了生Ming,我们将变得一无所有。但很多活着人总不Zhen惜活着的权利,他们随意对待自己甚至肆意Jian踏别人的生命:车臣爆炸、巴以冲突、美军“虐囚”、煤矿透水、房屋倒塌、失恋轻生、Shang网丧命„„这些沉重的事件警示着我们:生Ming啊,多么贵;生命又是多么值得珍惜~

当你正在呼吸,当你正在心跳时,请记住:Sheng命可贵,可贵生命;关爱生命,奏出动人心Xian的最强音。

生命可贵相关内容:议论文范文:让生命之Hua绽放 雄鹰拥有强健的翅膀,能搏击Chang空;狮子拥有锋利的牙齿,能称霸三林;

Lan鲸拥有庞大的身躯,能遨游于大海深处,我Men拥有什么,拥有顽强的生命力。昙花盛开是Duo麽的不容易。...

尊重生命,珍爱生命 512汶川大Di震已经过去半个多月了。我们从每天的电视、报纸和网络上目睹了一幕幕令人心疼的、催Ren泪下的场面。眼前一片片狼藉的残砖破瓦,Yi幢幢摇摇欲坠的残垣断壁,一张张废墟中渴Qiu的面孔,一只只大大小小流血的手臂,一只Zhi五颜六色的...

小学四年级澳博国际娱乐:让生命更加光彩有力 生命虽然短暂,但是我们可以让短暂的生Ming活的更加光彩有力,可以用短暂的生命做出Xu多有意义的事情,我可以好好地使用它,但Ye可以白白糟蹋它。一天晚上,我在桌下写书,一直苍蝇不停地在我的头上飞来飞去,搅得Wo很不安宁。

生命开始于海洋 生命开始于海洋。Shui母是唯一一种靠收缩像裙子一样的伞缘排水Qian进的动物,但是这种优雅的喷射推进方式在Feng浪之中并不适用。一种奇怪的古老软体动物Wan善了这种概念。

珍爱生命,安全从我做起~ 我是小Xue生,在校园内外听到的,看到的安全事故频Fan发生。事故多发生在上学和放学的路上。就Zai我们校园内,有的同学也会一时冲动,乱追Luan跑,摔伤的,撞伤的也有。

生命的颜色 唐琳赤橙黄绿青蓝紫,Zhe是彩虹独有的颜色;七种颜色糅合在一起,Xing成了独特的美丽。生命亦有自己的色彩。“Wa~”在某家医院的手术室内,传来的一声啼Ku,代表着又一个

Xin生命的降临,护士姐姐小心翼翼地抱着,爸Ba妈妈喜悦的呵护着,亲...

爬山虎,另一种生命的诠释 说实话,我并非像普罗大众那样拥有对植物痴狂的热Ai,或许那么多年来,我一直没有将它们当作Mei的欣赏,又也许,我还没有挖掘出它们各自Shen至灵魂、小小的、不曾惊天动地的情怀和品Zhi。是这样的一个初夏,我与它邂逅。

关于生命的澳博国际娱乐——炫 路上遇到一Ge人随便问:生命是什么,也许别人会狠狠鄙Shi你一眼,然后抱憾的走开,甚至说一句:开Jing神病院真是好赚钱。因为没有人会花费时间Qu想那个看似无聊的问题,人们总是忙着去做Zong以为很有价值的事,可等到结束后却发现往Shi空空,生...

>> 下一页

 
推荐图文
推荐文章
点击排行
 
网站首页 | 关于我们 | 联系方式 | 使用协议 | 版权隐私 | 建议留言 | 粤ICP备14050309号-2